それは報告しなくてもいいです

フィギュアとか模型とかゲームとか 駄目オタ雑記

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

オトギアのあれこれ  

2015年2月27日、Amebaスマホのソーシャルゲーム、
「OTOGEAR~オトギア~」が完全クローズしました。

このゲームで、自分はフレーバーテキストやシナリオ作成全般、
キャラおよび世界観設定などを担当させていただきました。

終了自体は結構早めに決定していたのですが、
その煽りで本来のリリースタイミングを早めたり
ある程度素材が集まっていたにも関わらずリリースできなかった
キャラクターやイベントがそれなりにありました。

なので今回は、そういったお蔵入りキャラやイベント、
予定していた物語の題材などをつらつらと書いてみようと思います。

■ガリバー編
ストーリーイベント無しで唐突に追加され、
ライターズロワイヤルのポイント報酬で登場したガリバー。

どこかで一度言った気がしますが、ガリバーに関しては
シナリオはすでに書き上げて、スクリプト化待ちの状態でした。
しかしその直後にクローズが決定、ガリバーはイベント自体まるまるお蔵入りに。

ですが契約上の問題でキャラのリリースは必須であり、
それならばと既存のシステム流用で手軽に開催できるイベントである
ライターズロワイヤルの報酬としてガリバーをリリースすることになりました。

・(本来予定していた)ガリバー編あらすじ
世界の全てが拡大と縮小を繰り返すようになり、その原因特定と解決を依頼するために現れたガリバー。
まるでリリパット王国とブロブディンナグ国に同時に迷い込んだようだと言うガリバーと共に探索を続ける一行。

だが探索を続けていくと、その二つの国だけでなくストラルドブラグやヤフーなど、
ガリバーが訪れた様々な国の生き物や住人までもが姿を現し始める。

さらに時折、世界中に響き渡るような大きさで軋むような奇妙な音が鳴っていることに気づく。

突如、宙に浮く城塞都市「ラピュータ」から、その統治者である「キングラピュータ」が現れる。
天才科学者集団のラピュータ人の長であるキングラピュータから、
今この世界に起きている現象の詳細を聞かされる。

ラピュータ人は、たまたま捕獲して研究対象にしたヤフーが
探索用機会生命体のプロトタイプであることを突き止めた。
元々優れた科学者集団であったラピュータ人は、
そこから機械仕掛けの神のデータの欠片を入手することに成功。
その力でガリバーの世界を支配しようとした。

支配の手段として取った行動は、世界の統一化。
ガリバー世界の全てを統一し、効率よく支配することを目論んだ。
しかしそのために行った「世界の統合実験」は失敗。
ガリバー世界に内包された全ての国の特徴や現象が、極めて不安定な状態で融合されてしまった。

世界が拡大縮小を繰り返したり、本来別の国に存在するはずの
ヤフーやストラルドブラグが一堂に会しているのはそのせいで、
軋みの様な音は、急激な拡大と縮小に耐え切れなくなった世界が
金属疲労のような状況に陥り、破砕する寸前であることの証だという。

世界崩壊の危機に直面し、それを止めようとする一行。
だがキングラピュータは世界崩壊すらも実験のいち結果に過ぎないと言い放ち、
それを邪魔する主人公たちを排除すると宣言。

半ば狂気に取り付かれたようなキングラピュータを、
主人公たちは止めることができるのか。

・イベント同行キャラクターズ:バネ足ジャック
ラピュータの超科学や機械技術に興味を抱きながらも
それを世界崩壊に利用することに怒りを覚え、キングラピュータと対峙する。

・キングラピュータ
本人は線の細い虚弱系悪人顔イケメンだが、
自作の強化外骨格系アームを装備して襲い掛かってくる。
足を強化したバネ足と、腕を強化したキングラピュータで対になり、
お互いのパワードスーツのぶつかり合いの勝負になることを想定。



先述のとおり、上記のプロットで作られたテキストは、ほぼ完成していました。
しかし結局丸ごとお蔵入りとなり、日の目を見ることはありませんでしたが。

元々この話は、物語の題材が無くて困っていたときに
デザイナーの方が「ガリバー題材で、こんな話でどうですか?」と
ざっくりしたネタを提供してくださったのが元になっています。

はじめはボスに該当するキャラが居ないので、
このネタを使わせてもらうのは厳しいかと思っていたところ
世界を丸ごと実験の対象にする、マッドサイエンティストな
キングラピュータを思いついてからサクサク纏まっていきました。

この話の肝は、世界の異変の直接的な原因が「改変」そのものではなく
神の力の一端に触れて狂気に取り付かれた
一人の人間が起こしたものであるということです。

機械仕掛けの神の影響力が、思わぬところに飛び火して
結果的に世界を崩壊に至らしめることになる。
事態がどんどん悪化していることを告げるための
ある種の節目になるストーリーに位置付けようと思っていました。

ガリバー以降は、プロット作成までいかず
物語の選定に留まったものがほとんどです。
そちらについてはまた後日…。

category: オトギア

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://usagi9012.blog17.fc2.com/tb.php/2-3883b9cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。